◆ 講座参加にあたっての注意事項 ◆

日本レジリエンスカウンセリング協会で受講される方には、さまざまな目的、価値観の方がいらっしゃいます。すべての皆様に快く受講していただくために、ご自身やお知り合いのビジネス、商品、サービス等の紹介、勧誘行為等はご遠慮願います。万が一、紹介や勧誘と認められる行為があった場合、ご退席を願う場合もありますので、ご了承ください。

 

◆ 受講規約 ◆

【受講申込】
・ 受講申込書に必要事項をご記入の上、日本レジリエンスカウンセリング協会まで郵送又は直接持参にてご提出ください。 受講申込書の受領をもって正式な受講申込とさせていただきます。
・ 受講申込の受付は指定期日までとさせていただきます。但し、定員になり次第締め切らせていただきます。
・ 未成年者の受講申込には、親権者の同意が必要です。当協会からお渡しする「同意書」に親権者が署名・捺印の上、受講申込書に添えてご提出ください。

【クラスの閉講 / 変更】
・ 学習効果の観点から受講者が一定の人数に達しない場合あるいはやむを得ない事情にてクラスを閉講、延期とする場合があります。 クラスの閉講及び延期は、クラス開始初日の一週間前までに決定いたします。
・ 担当講師・日時・場所・内容等が変更になる場合があります。

【入学金・受講料・教材費実費】
・ 入学金、受講料及び教材費は原則全額前納ですが、分割払いも可能です。支払方法につきましてはご相談、お問合せください。
・ お振込みにてお支払された場合の領収書は振込受領書をもって代えさせていただきます。

【クーリングオフ、中途解約】
・ 自社クーリングオフ制度として、一旦納入された入学金、受講料及び教材実費について、開講日前日までに解約を行う場合、全額返金の対応を行います。但し、所属クラス開講前にフリースタイル制度を活用し講義に参加している場合は、参加した講義分は差し引いて返金いたします。
※返金の際の振込手数料はお客様負担とさせていただきます。
※全額返金の手続きは、教材等の返品確認後開始させていただきます。教材等に汚れや破損があった場合は、教材費を差し引いた範囲内での返金となります。
・ 中途解約を行う場合は、書面により証明できるやむを得ない事由による場合のみ、解約時点での当協会の実損分(中途解約事務手数料3,000円を加算)を差し引いた範囲内で返金等の対応を行います。なお、各講座とも一定の授業回数(全コマ数の約8割)を経過後の中途解約はできませんのでご注意ください。また、 家族割引を利用して受講される方の中途解約および休学もできません。

【休学制度・退学・放校処分】
・ やむをえない正当な事由により、長期にわたって通学が不可能となった場合は、休学制度があります。
・ 長期の無断欠席や当協会の名誉を著しく汚した場合、あるいは事務局が当協会に不向きと認めた場合など退学・放校処分とさせていただくことがあります。

【著作権】
当協会が提供する講座やカウンセリングについての一切の著作権その他の知的財産権は当協会に帰属します。当協会以外の者が、テキスト、レジュメ、カリキュラム、講義内容及びカウンセリング内容その他の著作物につき複製、転載、頒布及び公開その他の行為を行うこと(講師が話した内容をブログやSNS等に掲載することを含む)を禁じます。講義の録音、録画などは一切禁じます。

【心療内科や精神科への通院及び入院歴】
受講期間中、安定して心理学及び心理カウンセリングを学んでいただくために、現在心療内科や精神科に入院または通院されている方は主治医にご相談の上、受講申込をしてください。また、現在心療内科や精神科に入院または通院されている方、及び現在はしていないが過去に入院または通院されていたことのある方は、その旨を受講申込書にご記入の上、受講申込をしてください。受講申込受付後、ご相談の上で、受講の可否を決定させていただきます。ご相談内容によっては、受講に際して、担当医に「受講に関する承諾書」をいただく場合があります。また受講開始後に心療内科や精神科へ通院されることになった場合も受講に際して、担当医に「受講に関する承諾書」をいただく場合があります。