今月の歌 2017年3月

2017年3月の歌は、レミオロメンさんの「3月9日」
卒業式で歌われることも多いようですが、友人の結婚式をお祝するために作られた曲なんですよね。

私はこの曲のメロディがとても好きで、何度聴いても心に響いて泣けてきます。
初めてこの曲を聴いたときは大号泣、つい最近も顔をクシャクシャにしながら泣きました。

歌詞もとても素敵ですね。

新たな世界の入り口に立ち
気づいたことは1人じゃないってこと

瞳を閉じればあなたが
まぶたのうらにいることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとっても私もそうでありたい

この歌詞から、あなたは誰を思い浮かべますか?

私はこの曲を聴くたびに、いろいろな人が思い浮かびます。
そして、これまでも今現在も、たくさんの人に支えられて生きていることを再認識し、感謝の気持ちがあふれてきます。

私も誰かの支えになれているでしょうか?
私がいることで、「1人じゃない」「心強い」と感じていただけるような、そんな存在になりたいです。